宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

迷走するJGTO “モテる男子プロ”育成に4500万円のムダ遣い

公開日: 更新日:

 米PGAツアーは2017年1月に日本支社を設立し、今年10月には、日本で大会(ZOZO選手権)を開催する。今や世界をターゲットにビッグビジネスを展開しているが、数年前から日本進出の“手土産”代わりに、日本ゴルフツアー機構(JGTO)に年間50万ドル(約5450万円)の支援金・開発イニシアチブ料を支払っており、さらに今年はZOZO選手権の協賛金25万ドル(約2725万円)が上乗せされ総額75万ドル(約8175万円)になったのはあまり知られていない。

 JGTOはこの資金を基に2019年を「開発元年」と位置づけ、男子ゴルフツアー復活に向けて「攻める」ためのさまざまなテストを行うと、理事会で正式決定した。その意気や良しだが、そのメインテーマがなんとも“幼稚”というかピント外れなのには呆れる。

 なんと人気回復の秘策が“モテる男子プロの育成”だという。このテーマを専門の企画会社に依頼、企画料その他に米PGAツアーからの貴重な支援金のうち4500万円を投じるのだ。そのアイデアの基となったのは、プロ野球広島カープで話題になった「カープ女子」やサッカーJリーグ、セレッソ大阪の「セレッソ女子」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る