松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

発言が二転三転…瀬古利彦はその長い肩書をこう変えたら?

公開日: 更新日:

 気温6度、氷雨降る東京マラソンが終わって瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、すでに9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を獲得している有力選手が上位に絡めず、出場権獲得者も4人しかいなかったことに「日本選手はまだまだ力が足りないと認めないといけない」と言った。

 それはつまりサ、「マラソン強化戦略プロジェクトリーダー」としては、どんなに過酷な条件下でも世界と戦える力を持たなくちゃダメだ、と言いたかったわけね?

 でサ、さらに日本記録を持っている大迫傑が途中棄権したことについては、「こんなに寒いんだから無理することはない。棄権して正解」と言った。ってことはつまりサ、どんなに過酷な条件下でも世界と戦える力を持たなくちゃいけないけど、こんなに寒いんだから、無理することはない、無駄骨だったと、言いたいわけね?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る