伊調馨 海外復帰戦準決敗退で露呈した“崖っぷち”の中量級

公開日: 更新日:

 五輪4連覇中の女王が、アジアの壁に阻まれた。

 26日のレスリングアジア選手権(中国・西安)。伊調馨(34)が女子57キロ級準決勝で、チョン・ミョンスク(北朝鮮)に4―7で敗退。ベトナム選手との3位決定戦を制したが、2016年リオ五輪以来2年8カ月ぶりの国際大会で頂点に立てなかった。

 韓国選手にテクニカルフォール勝ちした2回戦では終了間際に相手の頭が当たって前歯が欠けるアクシデントに襲われた。応急処置を施す間もなく臨んだ準決勝は終始、劣勢。序盤にいきなりバックを取られるなど、第1ピリオドは1―7とリードを許した。逆に第2ピリオドは積極的に仕掛けて2点を返したが、及ばなかった。

 この階級の東京五輪代表は実質的に伊調と、リオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24)の2人に絞られる。6月の全日本選抜選手権で世界選手権(9月=カザフスタン)代表を争い、その世界選手権の覇者が、東京五輪代表に内定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る