もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

公開日: 更新日:

 確かにメジャーで日本人内野手の成功例は、ほとんどない。そもそも過去にメジャー契約を勝ち取った選手は5人だけ。さらに、成功したといえるのは、井口(ホワイトソックスなど)くらいで、13年にアスレチックス入りした中島(現巨人)は故障などで一度も昇格することなく帰国した。川崎(マリナーズなど)、田中賢(ジャイアンツ)はともにマイナー契約スタートだった。

■複数年契約結び、幹部候補生

 球界関係者がこう言った。

「坂本が『大好きだった松井稼頭央さんを見てプロ野球選手になろうと思った』と言う松井稼(メッツなど)の影響もあるでしょう。日本球界で絶頂期に海を渡ったのに、メジャーの分厚い壁に阻まれ、特にメッツでは苦しみ、目立った成績が残せなかった。そのため、メジャー各球団では今でも日本人内野手の評価が低い。それと、コンディションの問題もあるのではないか。高卒2年目の19歳からほぼフルに出場を続けてきた頑丈さがウリではあるが、10年のCSを欠場する要因となった腰痛にずっと悩まされ、巨人と複数年契約を結ぶ15年ごろまではよく表面化していた。日本より多い160試合以上を広大な大陸を移動しながら戦うメジャーは、日程も移動も日本とは比べものにならないほどハード。体に不安な箇所があれば、なかなか挑戦に踏み切れないものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る