もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

公開日: 更新日:

 最も大きいのは巨人による「厚遇」である。坂本勇は昨オフ、新たに年俸変動制の複数年契約を結び、今季は1億5000万円増の5億円。これは菅野(巨人)、柳田(ソフトバンク)に次ぐ日本球界3位の高給だ。

 海外FA権を取る前年の15年、打率.269、12本塁打、68打点と打撃不振に苦しんだ。それでも球団から、3000万円増の年俸2億5000万円を提示された。

「これは翌年に海外FA権を取得することへの配慮でしたが、複数年契約にサインした坂本は『19歳から試合に出してもらってFAというのは頭になかった』と会見で発言した。あの時、メジャー挑戦を強硬に訴えた形跡はありません。思えば23歳で年俸1億円突破など、変わらず厚遇してきたという自負が球団にはある。実力だけでなく、人気面でも球団ナンバーワンの坂本の引き留めは最重要事項だった。まだ30歳だが、このまま巨人で現役を全うすれば、将来の幹部候補生ともっぱらです」(チーム関係者)

 過去に何度も写真誌をにぎわせたように、野球も遊びも一生懸命というタイプだった。いまだに独身の坂本勇にとって、米国は私生活で不自由を強いられるという思いもあったか。“生涯巨人”と腹を決めたことも、坂本勇の快進撃を支えているのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る