山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神近本がセ首位11盗塁 とんだ“外れ外れ1位”がいたものだ

公開日: 更新日:

 そして、何といってもルーキーの近本。正直言って、ドラフトの時点では彼がここまで活躍するとは夢にも思っていなかった。何しろ、外れ外れ1位である。メディアの批評などでも、阪神は「失敗ドラフト」という烙印を押されていることが多かったほどだ。

■「赤星2世」という酷でむちゃなハードル

 それでも在阪マスコミは近本の俊足ぶりに注目して「赤星憲広2世」と打ち出していたが、個人的にはそれも厳しいだろうと思っていた。現役時代の赤星はちょっとやそっとのスピードスターではなく、投手のクイックモーション技術が進んだ現代プロ野球において、5年連続盗塁王、うち3年連続60盗塁以上を記録したモンスターだった。

 この60盗塁という数字だが、平成に入って以降では赤星の他に松井稼頭央と本多雄一の2人しかクリアしていない。しかも、2人ともクリアしたのは1回だけだから、60盗塁以上を3年連続で記録した赤星がいかにすさまじかったかわかるだろう。希少性という意味では、3年連続50本塁打以上を記録した長距離砲くらいの価値だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る