ド軍とマイナー契約 北方悠誠の制球難は米国で克服なるか

公開日: 更新日:

 球は速い。ドジャースとマイナー契約を結ぶことになった北方悠誠(25歳・栃木ゴールデンブレーブス)のことだ。

 4月21日の福島戦で自己最速の161キロをマーク。ドジャースのスカウトの前でも161キロを計測したことがあるという。今後はビザが下り、メディカルチェックなどを経たうえで正式契約を結ぶ予定だ。

 北方は唐津商(佐賀)から11年のドラフト1位でDeNAに入団。14年に戦力外通告され、ソフトバンクと育成契約を結ぶも、プロ野球で一軍経験はない。その後、独立リーグへ。今季は栃木でプレーしていた。

「ストレートは確かに速い。なので我々も注目していたんですが、いくらなんでもコントロールがねぇ。DeNAやソフトバンクにいたころから課題だった制球難は解消されないまま。良ければ争奪戦になってますよ」とはプロ野球のある編成担当だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る