ド軍とマイナー契約 北方悠誠の制球難は米国で克服なるか

公開日: 更新日:

 球は速い。ドジャースとマイナー契約を結ぶことになった北方悠誠(25歳・栃木ゴールデンブレーブス)のことだ。

 4月21日の福島戦で自己最速の161キロをマーク。ドジャースのスカウトの前でも161キロを計測したことがあるという。今後はビザが下り、メディカルチェックなどを経たうえで正式契約を結ぶ予定だ。

 北方は唐津商(佐賀)から11年のドラフト1位でDeNAに入団。14年に戦力外通告され、ソフトバンクと育成契約を結ぶも、プロ野球で一軍経験はない。その後、独立リーグへ。今季は栃木でプレーしていた。

「ストレートは確かに速い。なので我々も注目していたんですが、いくらなんでもコントロールがねぇ。DeNAやソフトバンクにいたころから課題だった制球難は解消されないまま。良ければ争奪戦になってますよ」とはプロ野球のある編成担当だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る