3安打4打点の巨人岡本 “東京五輪4番”で広島誠也と一騎打ち

公開日: 更新日:

 岡本和真(22)が20日、韓国KIAとの練習試合(那覇)に「4番・DH」で出場。適時打3本で4打点をマークした。

 これに目を細めたのが、ネット裏から見守った侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)だ。来月9、10日のメキシコ戦にも4番候補として招集した指揮官は、来年に迫った東京五輪でも三塁手候補として期待を寄せている。「今年は求められるものがもっと大きい。プレッシャーもあると思うが、その中でどれだけ成長できるか楽しみ」と話した。

 DeNAの筒香が早ければ、このオフにもメジャーへ挑戦する可能性があり、東京五輪の4番は、広島の鈴木誠也らが候補に挙がる。岡本は昨季、史上最年少で3割、30本塁打、100打点をマークした。今季の成績次第では、この男も「東京の主役」になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る