女子100m平・青木玲緒樹 世界選手権のメダルに“食欲の壁”

公開日: 更新日:

 世界選手権(7月=韓国・光州)代表の追加選考会を兼ねた競泳のジャパンオープン(東京・辰巳)が、30日に開幕。

 女子平泳ぎ100メートル決勝は、青木玲緒樹(24)が1分6秒44で優勝。日本水連が定めた派遣標準記録Ⅱ(1分6秒48)を突破して代表切符を勝ち取った。

 女子平泳ぎを牽引する存在で、20年東京五輪でのメダル取りを期待されるひとり。4月の日本選手権では代表入りを確実視されながら、100、200メートルとも派遣記録に届かず、涙をのんだ。それだけに青木は「ここできちんと代表権を獲得できて自信になりました」と笑顔を見せた。

 青木を中学時代から指導する日本水連の平井伯昌競泳委員長によれば、重圧に弱く、大舞台を前にすると食事が喉を通らなくなることもあるとか。今年の日本選手権でも極度のプレッシャーから、体重は2キロも減ったという。

 体脂肪を必要とするスイマーにとって、体重減は致命的だ。世界選手権、五輪での成否はベスト体重を維持するための食欲が重要となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る