女子100m平・青木玲緒樹 世界選手権のメダルに“食欲の壁”

公開日: 更新日:

 世界選手権(7月=韓国・光州)代表の追加選考会を兼ねた競泳のジャパンオープン(東京・辰巳)が、30日に開幕。

 女子平泳ぎ100メートル決勝は、青木玲緒樹(24)が1分6秒44で優勝。日本水連が定めた派遣標準記録Ⅱ(1分6秒48)を突破して代表切符を勝ち取った。

 女子平泳ぎを牽引する存在で、20年東京五輪でのメダル取りを期待されるひとり。4月の日本選手権では代表入りを確実視されながら、100、200メートルとも派遣記録に届かず、涙をのんだ。それだけに青木は「ここできちんと代表権を獲得できて自信になりました」と笑顔を見せた。

 青木を中学時代から指導する日本水連の平井伯昌競泳委員長によれば、重圧に弱く、大舞台を前にすると食事が喉を通らなくなることもあるとか。今年の日本選手権でも極度のプレッシャーから、体重は2キロも減ったという。

 体脂肪を必要とするスイマーにとって、体重減は致命的だ。世界選手権、五輪での成否はベスト体重を維持するための食欲が重要となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る