全仏OP日没順延 錦織が4大大会で勝てない“データと根拠”

公開日: 更新日:

■5セットマッチ勝率は「数字遊び」

 加えて精神面の問題もある。現地で取材するスポーツライターの武田薫氏がこう言った。

「錦織はグランドスラムの5セットだけでなく、ファイナルセットの勝負に抜群に強い。今大会の3回戦まで5セットマッチは通算21勝6敗と勝率は高いが、それは数字遊びで、誰もフルセットはやりたくない。そうなる前に、粘りと集中力を発揮したいことは本人も自覚しているのですが、前半にふっと集中力がバラついて、長期戦になっている。4大大会の優勝を狙うなら、7試合ありますから、単に勝つだけでは不十分です。肉体だけでなく精神面のスタミナも温存して勝ち進む必要がある。そのためにも、ここぞという勝負どころは押さえないといけない。3回戦でいえば、ポイントは第1セットを取った直後の第2セット。4―1とリードして、このセットは何が何でも取らなければならなかった。格下とはいえ、相手は競争の激しいセルビアで育ったしたたかな選手です。1―1になれば1セット捨てる展開も考えてきます。おまけに、この日は途中から暑くなった。勝ちはしても、格下相手にこういう試合をやると目に見えない精神的な消耗が大きく、勝ち進んでからビッグ3に勝負を挑むのがきつくなります。もったいないですね」

 錦織が4大大会を勝つ可能性は極めて低いと言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる