サニブラウン100m9秒台連発で 五輪リレー走者選考は大混戦

公開日: 更新日:

■全米大学選手権3冠の可能性も

 日本の男子陸上にとって救世主となるのか。

 5日(日本時間6日)に開幕した陸上の全米大学選手権に出場する日本のサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が、100メートルで追い風参考ながら9秒96の好タイムをマーク。5月11日の全米大学南東地区選手権決勝でマークした9秒99に次いで2回目の9秒台だ。これにより、200メートル(20秒44)と合わせて7日(同8日)の決勝進出を果たした。

 個人2種目に加え、400メートルリレーではフロリダ大の第2走者を務め、チームのファイナル進出に貢献。全体1位で通過したタイム(38秒35)は、2010年に中央大学がマークした日本学生記録の38秒54を大幅に上回った。

 7日の決勝では初日同様、1日で3レースをこなすだけに「(初日の200メートルは)さすがにガス欠だった。(決勝では)もうちょっと動くように(レースの間に)体をほぐして臨みたい」と意気込みを口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

もっと見る