アコーディア親会社のOGM買収で日本のゴルフ場はどうなる

公開日: 更新日:

 ゴールドマン・サックス、ローンスターともハゲタカファンドと揶揄されていたが、11年にはゴールドマン・サックスは国内外の投資家に公募で売り出し、ローンスターは平和に株式を譲渡した。

 ゴルフ場関係者によると、「PGM、アコーディアが多くの破綻したゴルフ場を買収してグループ化して競争することで、ゴルフのプレー費が下がり、ゴルフ場予約が簡単になり、カジュアル化が進み、ゴルフがより身近になったことは間違いなく、ゴルファーにとってメリットが大きかった」という。

 今回のMBKパートナーズによるOGM買収で、再びゴルフ場業界の再編が進むのは間違いないとみられる。もっとも、投資会社であるMBKパートナーズにとって、利益の上がらないゴルフ場をいつまでも保有していても意味がない。アコーディアグループの価値が上がれば売却されるし、グループの価値が下がればそれで売却される。いずれにしろ一般ゴルファーにとって、メリットのある業界再編が望ましい。

(ゴルフライター・嶋崎平人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る