上田桃子アラサーの意地 逆転圧勝で“黄金世代”の壁になる

公開日: 更新日:

【ヨネックス女子ゴルフ】最終日

「いつもあんたらにデカイ顔はさせないわよ!」

 1打差3位発進の上田桃子(32)が65で回り、通算13アンダーで逆転優勝。それも2位に6打差をつける圧勝だった。今季2勝目(通算15勝目)からは、冒頭のような気持ちが伝わってきた。

 今大会は前週の全米女子オープンに出場した申ジエ(31)、勝みなみ(20)、比嘉真美子(25)、鈴木愛(25)が欠場。賞金ランクの1位、2位、9位、10位という実力者が不在で、1997~98年生まれの「黄金世代」と呼ばれる選手たちは優勝を狙っていた。

 前週、「黄金世代」では7人目の優勝を飾った原英莉花(20)も2週連続Vを目指すも通算2オーバー、38位タイに終わった。

「最近のスポーツマスコミはピチピチした『黄金世代』を過剰に取り上げ、テレビのバラエティー番組に担ぎ出す。成績もルックスもいいから人気も出ますよ。25歳以上は『オバさん』のように見られ、アラサーの上田にしても内心は面白くないはずです。だから『自分が若手の壁になる』という発言がしょっちゅう出てくるのでしょう。実際、韓国人選手を除けば、30歳以上で黄金世代と対等以上に戦えるのは、今は上田ぐらいですからね。今後は、上田対『黄金世代』の優勝争いが話題になるかもしれません」(ツアー関係者)

 優勝した上田は「この大会は2位が3回あったので、やっと勝ててうれしい」と笑顔を見せた。

 かつて米ツアーで戦ったベテランは、簡単には世代交代は許さないといったところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る