上田桃子アラサーの意地 逆転圧勝で“黄金世代”の壁になる

公開日: 更新日:

【ヨネックス女子ゴルフ】最終日

「いつもあんたらにデカイ顔はさせないわよ!」

 1打差3位発進の上田桃子(32)が65で回り、通算13アンダーで逆転優勝。それも2位に6打差をつける圧勝だった。今季2勝目(通算15勝目)からは、冒頭のような気持ちが伝わってきた。

 今大会は前週の全米女子オープンに出場した申ジエ(31)、勝みなみ(20)、比嘉真美子(25)、鈴木愛(25)が欠場。賞金ランクの1位、2位、9位、10位という実力者が不在で、1997~98年生まれの「黄金世代」と呼ばれる選手たちは優勝を狙っていた。

 前週、「黄金世代」では7人目の優勝を飾った原英莉花(20)も2週連続Vを目指すも通算2オーバー、38位タイに終わった。

「最近のスポーツマスコミはピチピチした『黄金世代』を過剰に取り上げ、テレビのバラエティー番組に担ぎ出す。成績もルックスもいいから人気も出ますよ。25歳以上は『オバさん』のように見られ、アラサーの上田にしても内心は面白くないはずです。だから『自分が若手の壁になる』という発言がしょっちゅう出てくるのでしょう。実際、韓国人選手を除けば、30歳以上で黄金世代と対等以上に戦えるのは、今は上田ぐらいですからね。今後は、上田対『黄金世代』の優勝争いが話題になるかもしれません」(ツアー関係者)

 優勝した上田は「この大会は2位が3回あったので、やっと勝ててうれしい」と笑顔を見せた。

 かつて米ツアーで戦ったベテランは、簡単には世代交代は許さないといったところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る