NBAドラ1八村 故郷富山の恩師が語る少年時代と“世界”発言

公開日: 更新日:

 日本時間21日に行われた米プロバスケットボールNBAドラフトで、八村塁(21、ゴンザガ大)が1巡目9位でウィザーズから指名を受けた。日本人がNBAで1巡目指名されるのは史上初の快挙。年俸は指名順で基準額が設定されており、最大約4億9100万円を手にする。父は西アフリカのベナン出身、母は日本人。八村はどんな少年だったのか。生まれ育った富山の小、中学校時代の恩師に聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 指名から2時間半後、ニューヨークにいる本人から中学時代の恩師で富山市立奥田中バスケ部コーチの坂本穣治さん(59)の携帯電話に着信があった。八村は「やりましたよ。全てはコーチから始まりました」と涙声だったという。坂本コーチがこう明かす。

「八村に『NBA』という言葉をかけたのは、入部初日。ボールを片手で掴めたから、周りの子たちも『わ~!』となって盛り上がったので、『NBA並みだね』と言いました。周りに『凄い』と言われ、調子に乗ることもあったけど、もう一人、馬場(雄大=現・アルバルク東京)というサラブレッドもいて、切磋琢磨する環境はありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る