八村塁19得点 両チーム最多タイの大暴れがもたらす“男気”

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボール(NBA)ウィザーズのスモールフォワード(SF)八村塁(21)が8日(日本時間9日)、ネッツとのサマーリーグ(ネバダ州ラスベガス)に2戦連続スタメン出場した。

 初実戦だったペリカンズ戦後に「もっとアグレッシブにいきたい」と話していた通り、第1クオーター開始早々から3ポイントシュートを放つなど、積極的な仕掛けを見せる。味方からのパスがつながり始めた第2クオーターには11得点をマークして、ドラ1ルーキーの存在感を示した。第4クオーター残り14秒で相手ゴール前でパスを受けると、相手のディフェンスを振り払うように高々と舞い上がり、2試合連続のダンクシュートを決めた。

 今大会は2戦目とあって、この日の出場時間は29分(前回34分)。プレータイムは限られながらも、両チーム最多タイの19得点、7リバウンド、1ガード。初戦のペリカンズ戦(14得点、5リバウンド)を上回る働きを見せたが、チームは85-88で敗れ、初黒星を喫した。

 初実に続いて結果を残した八村は試合後「きょうは出だしが良くなかったけど、盛り返していい感じでシュートを打てた。リバウンドやルーズボールのところでもっと絡んでいきたい」と振り返った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • その他のアクセスランキング

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  5. 5

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  1. 6

    宮田笙子の喫煙を以前から把握か?体操協会に向けられる疑惑の目…“過去にも厳重注意”の証言

  2. 7

    体操・杉原愛子が開発 性被害対策と実用性を兼ねた「新型ユニホーム」で業界に新風吹き込む

  3. 8

    バドミントン桃田賢斗が代表引退宣言 大人気を誇る東南アジアで「引っ張りだこアンバサダー」になる未来

  4. 9

    体操・杉原愛子は2大会連続五輪出場も「私はセンスや才能がある方じゃない」の真意

  5. 10

    石川佳純がパリ五輪キャスター“独り勝ち”の裏で福原愛が姿消す…マイナスイメージすっかり定着

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路