14得点だけじゃない 八村のディフェンスを米メディア絶賛

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAのサマーリーグ(ネバダ州ラスベガス)が6日(日本時間7日)に行われ、NBAドラフト全体9位指名のウィザーズ・八村塁(21)がペリカンズ戦でデビュー。背番号8はコート内を縦横無尽に走り回り、その実力を見せつけた。

 会場を沸かせたのはアリウープダンクなどで14得点を奪った攻撃より、体を張ったディフェンスだ。第2クオーターの残り6分を切った直後。レイアップを狙った相手選手と一緒にジャンプし、ボールをはたくブロックを見せると、空中でバランスを崩し尻から落ちた。

 試合後、八村はそのプレーについて「ディフェンスはすごい好き。プライドを持っている部分はあるんで。そういうところで今日は何回か、ブロックとかディフェンスの部分でいいところが見せられて良かったんじゃないかなと思います」と胸を張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る