森保ジャパンは“無風区”F組 W杯2次予選に死角はないのか

公開日: 更新日:

 2022年W杯カタール大会のアジア2次予選の組み合わせ抽選会が17日、クアラルンプールで行われた。

 世界ランク28位の森保日本代表はキルギス(95位)、タジキスタン(120位)、ミャンマー(138位)、モンゴル(187位)と同居するF組に入った。

 2次予選は40チームが8組に分かれてホーム&アウェー方式の計8試合を行い、各組1位8チームと各組2位の成績上位4チームの計12チームが最終予選に進む。A~H組の中でF組は「日本にとって無風地帯と呼んでいい」と言うのは、元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏である。

「第2ポットは地力のあるイラク、ウズベキスタン、シリアではなくてキルギスというのはラッキーでした。第3ポットはパレスチナ、バーレーンにタイなど侮れない相手ではなく、14年ブラジルW杯予選で2戦合計12―0で圧勝したタジキスタンはくみしやすい。第4ポットと第5ポットの場合は、どこが相手でも日本が不覚を取る可能性はゼロに近いが、第4ポットでは治安に不安のあるイエメン、アフガニスタンは避けたかった。ミャンマーはアウェー戦の移動距離も含めて問題なし。第5ポットのモンゴルは対戦なしの“未知の国”だが、勝ち以外は想定しないでいい。日本が2次予選を戦うに当たり、死角は見当たらない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る