森保ジャパンは“無風区”F組 W杯2次予選に死角はないのか

公開日: 更新日:

 2022年W杯カタール大会のアジア2次予選の組み合わせ抽選会が17日、クアラルンプールで行われた。

 世界ランク28位の森保日本代表はキルギス(95位)、タジキスタン(120位)、ミャンマー(138位)、モンゴル(187位)と同居するF組に入った。

 2次予選は40チームが8組に分かれてホーム&アウェー方式の計8試合を行い、各組1位8チームと各組2位の成績上位4チームの計12チームが最終予選に進む。A~H組の中でF組は「日本にとって無風地帯と呼んでいい」と言うのは、元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏である。

「第2ポットは地力のあるイラク、ウズベキスタン、シリアではなくてキルギスというのはラッキーでした。第3ポットはパレスチナ、バーレーンにタイなど侮れない相手ではなく、14年ブラジルW杯予選で2戦合計12―0で圧勝したタジキスタンはくみしやすい。第4ポットと第5ポットの場合は、どこが相手でも日本が不覚を取る可能性はゼロに近いが、第4ポットでは治安に不安のあるイエメン、アフガニスタンは避けたかった。ミャンマーはアウェー戦の移動距離も含めて問題なし。第5ポットのモンゴルは対戦なしの“未知の国”だが、勝ち以外は想定しないでいい。日本が2次予選を戦うに当たり、死角は見当たらない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る