独紙から「狂気の沙汰」と…横浜M-浦和戦“大誤審”の余波

公開日: 更新日:

 ドイツ有力紙が「狂気の沙汰」と書いた大誤審事件は、13日の横浜M―浦和戦で勃発した。

 後半16分。明らかにオフサイド位置にいた横浜M・MF仲川のゴールの判定を巡り、ゴール→オフサイド→ゴールと約10分の間、二転三転してしまったのである。

「しかも仲川の右手に当たって入ったゴールでした」とは、ピッチサイドで撮影したカメラマンの六川則夫氏。前代未聞の大混乱に有力紙ビルドから「審判団が超ド級のカオスを引き起こした」とこき下ろされた。

「この試合では、浦和DF岩波の顔にボールが当たった場面でハンドが宣告され、横浜がPKを決めました。5月の浦和―湘南戦で湘南の100%ゴールが認められなかった<令和の大誤審>のときとは違い、今回は松尾主審が副審、予備審判を呼んで確認作業を行った。結果として誤審だったわけだが、この<問題を共有しながら正しいジャッジを導く>という意識の変化を前向きに捉えたい」(前出の六川氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る