「W杯ベスト4や優勝目指すならプロ化は避けて通れない」

公開日: 更新日:

吉田義人(元日本代表・50歳)

 日本開催のラグビーW杯開幕まで1カ月を切った。日本初のプロ選手である吉田氏にとって、将来の日本ラグビーのあるべき姿は何か? その思いを聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 前回2015年W杯で日本が強豪の南アフリカ(当時世界ランキング3位)に勝利した時、メディアが一斉に報道してくれたこともあり、再びラグビーが大きな注目を集めるようになりました。ラグビー一筋に人生を歩んできた僕も本当に感動、感激しました。ラグビーが脚光を浴びている間、日本国民にとってラグビーがいかに重要なスポーツのひとつであることか、それを示し、伝えていく必要があると思っています。

 ラグビーが子供たちの成長に、情操教育にどれだけ有益なのか、将来社会に出て行く上でどれだけの意義があるのか、そういったラグビー自体の持っている〈価値〉をもっと世の中に伝播させるべきだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る