第1回W杯は3連敗したものの完敗だったとは思っていません

公開日: 更新日:

 最終テストマッチ後に行われた「フェアウエルパーティー(遠征最後の晩餐会)」でした。フランス協会の会長が、記念品として雄鶏のモニュメントを全員に授与したのですが、僕の名前が呼ばれた瞬間に会場が拍手喝采に包まれたのです。記録に残らないワンシーンですが、僕にとっては最高の勲章であり、自分のプレーをフランス代表の全員が称えてくれたことは大きな自信となりました。

 神戸製鋼時代に開催された1987年の第1回W杯には、ジャパンのキャプテンとして出場しました。結果としてはアメリカ、イングランド、オーストラリア相手に3連敗を喫してしまいましたが、世界との差を痛感するほどの完敗だったとは思っていません。

 最大の敗因は、ゲームフィットネスの違いが挙げられるでしょう。

 チームというのは、一定の期間を一緒に過ごして試合を重ねることで調子が上がるものですが、当時のジャパンにはその概念がなく、そもそも選手も社業で忙しくて、W杯前に長期合宿をすることもできませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る