エディーJは長年目指してきた日本スタイルの完成形だった

公開日: 更新日:

林 敏之(元日本代表・59歳)

 前回W杯で南アフリカに歴史的な勝利を収めたジャパンはサモア、アメリカにも勝ってトータルで3勝しました。決勝トーナメント進出はなりませんでしたがあの勝利をきっかけに国内のラグビー人気が復活したことは、人気低迷の時代を見てきた僕としては、とても喜ばしいことでした。

 でも、それは一時のブームで終わってしまいました。翌2016年6月のスコットランドとの国内テストマッチ2試合が、ひとつのターニングポイントだった気がします。

 あの時、僕もイベントなど盛り上げ活動に協力し、勝利を願う多くのファンのサインを集めてラグビー協会に持っていったことを覚えています。

 特に調布市の味の素スタジアムで行われた第2戦はメディアが大注目した「天覧試合」でした。もしあの試合で勝っていたら――。その波及効果は何十倍にも広がっていたはず。ラグビーに対する関心も大きく違っていたように思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  10. 10

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る