エディーJは長年目指してきた日本スタイルの完成形だった

公開日: 更新日:

林 敏之(元日本代表・59歳)

 前回W杯で南アフリカに歴史的な勝利を収めたジャパンはサモア、アメリカにも勝ってトータルで3勝しました。決勝トーナメント進出はなりませんでしたがあの勝利をきっかけに国内のラグビー人気が復活したことは、人気低迷の時代を見てきた僕としては、とても喜ばしいことでした。

 でも、それは一時のブームで終わってしまいました。翌2016年6月のスコットランドとの国内テストマッチ2試合が、ひとつのターニングポイントだった気がします。

 あの時、僕もイベントなど盛り上げ活動に協力し、勝利を願う多くのファンのサインを集めてラグビー協会に持っていったことを覚えています。

 特に調布市の味の素スタジアムで行われた第2戦はメディアが大注目した「天覧試合」でした。もしあの試合で勝っていたら――。その波及効果は何十倍にも広がっていたはず。ラグビーに対する関心も大きく違っていたように思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る