テストマッチ3連勝で絶好調も「まだ不透明な部分がある」

公開日: 更新日:

林 敏之(元日本代表・59歳)

 現役時代、強烈なタックルと果敢な突進を武器に「壊し屋」の異名を取った。神戸製鋼の主将としてチームの全国社会人大会7連覇に貢献。日本代表の主将も務め、1987年の第1回W杯に出場した。白のヘッドキャップと口ヒゲがトレードマークだった「伝説のロック」が、全5回にわたって大いに語る――。

 ◇  ◇  ◇

 日本で開催されるラグビーW杯が目前に迫ってきました。初の8強入りに期待が高まっていますが、多くのファンがジャパンの勝利を信じられるようになったのは、前回2015年大会の初戦で世界屈指の強豪である南アフリカに勝った経験があるからだと思います。

 僕も4年前、あの世界を驚愕させた試合を現場で目撃しました。

 もちろん、今でも鮮明に覚えています。

 エディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が座っていた位置の斜め前の座席で観戦していたのですが、後半になるとスタジアム全体からもの凄い「ジャパンコール」が沸き起こりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る