1000勝のG原監督がミスターに託された優勝より難しい仕事

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(61)が、史上13人目の監督通算1000勝を達成した。

 30日、9連勝で乗り込んできた3位・広島に終盤追い上げられたものの、8―5で振り切った。試合後にはお立ち台に上がり、「朝になれば『今日どうやって勝つか』。夜になれば『明日どうやって勝つか』。もうその積み重ね。まあ、この数字に来た。今現在も自分の中で『今日は終わった』と。『明日またどうやって勝とうか』と、そのことしかない」と声を張り上げた。

 巨人では3人目。1066勝の川上監督に次ぐ1034勝を挙げた巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(83)がコメントを寄せた。

「今、私から原監督に伝えたいことは2つ。1つは岡本君をジャイアンツの4番として、しっかりと育てて欲しい。ジャイアンツの4番はどっしりとしていなければならない。不動でなければならない。岡本君はボールの捉え方を見ていても、その素質を持っていると、私は見ています。2つ目はこの夏場をなんとか乗り切って欲しい。そして力強いジャイアンツを再びファンに見せてもらいたいと願っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る