浅井咲希で今季6人目 渋野の全英Vで勢い増す“黄金世代”

公開日: 更新日:

【CATLadies】最終日

 浅井咲希(21)は最終18番で60センチのパーパットがカップに蹴られ、1.5メートルもオーバー。このボギーパットを外せば前週優勝の穴井詩(31)とのプレーオフだったが、冷静に沈めて通算10アンダーで逃げ切り初V。勝みなみから「何してんのよ、最後は」と皮肉とともに祝福された。

 浅井は1998年生まれの、いわゆる“黄金世代”の一人。

 この世代の今季優勝は6人目(河本結、原英莉花、小祝さくら、浅井の各1勝、勝、渋野日向子が各2勝)。先月には1つ年下の稲見萌寧も19歳で初優勝を挙げている。

 国内の女子プロトーナメントはここまで25試合を消化。外国人が勝った7大会を除いた18試合のうち、半分は20歳前後の選手が制し、30歳以上の勝利は上田桃子(33=2勝)と穴井の2人だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る