浅井咲希で今季6人目 渋野の全英Vで勢い増す“黄金世代”

公開日: 更新日:

【CATLadies】最終日

 浅井咲希(21)は最終18番で60センチのパーパットがカップに蹴られ、1.5メートルもオーバー。このボギーパットを外せば前週優勝の穴井詩(31)とのプレーオフだったが、冷静に沈めて通算10アンダーで逃げ切り初V。勝みなみから「何してんのよ、最後は」と皮肉とともに祝福された。

 浅井は1998年生まれの、いわゆる“黄金世代”の一人。

 この世代の今季優勝は6人目(河本結原英莉花小祝さくら、浅井の各1勝、勝、渋野日向子が各2勝)。先月には1つ年下の稲見萌寧も19歳で初優勝を挙げている。

 国内の女子プロトーナメントはここまで25試合を消化。外国人が勝った7大会を除いた18試合のうち、半分は20歳前後の選手が制し、30歳以上の勝利は上田桃子(33=2勝)と穴井の2人だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る