ラグビー日本代表“第3の男” SH茂野が強豪南ア返り討ち誓う

公開日: 更新日:

 W杯日本大会の開幕(20日=ロシア戦)を控えたラグビーの日本代表が南アフリカとテストマッチを行う「リポビタンDチャレンジカップ」が6日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われる。

 W杯前の最後のテストマッチを前に4日には、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)からスタメンが発表され、SH(スクラムハーフ)には茂野海人(28)が名を連ねた。

 代表での経験豊富な田中史朗(34)、流大(27)を抑えての出場に「9番(SH)を背負うのはプレッシャーあるけど、出る限りは最高のパフォーマンスを発揮したい」と話した。

 大東文化大からトップリーグのNECに入社。2年目から定位置を確保したが、モチベーションの低下から一時は引退の2文字が頭をよぎった。15年W杯で日本が南アを下す世紀の番狂わせを演じたのを目の当たりにして、「やっぱりラグビーっていいもんだな」(茂野)と、再びスイッチが入ったという。

 今回の南アはW杯に向けた最終調整、前回のリベンジを果たすべくベストメンバーで臨んでくる。茂野は「臆することなく前半から仕掛けていきたい」と、強豪相手に返り討ちを誓った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る