東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

公開日: 更新日:

 MGCは残暑の中、ペースメーカーなしでの戦いとなる。当然、時計は関係なく、誰もが1位狙い。少人数での激しい駆け引きが繰り広げられるはずだ。

 そこへいくと「MGCファナルチャレンジ」の3レースは気温の低いマラソンシーズン(12月~3月)に開催され、しかもペースメーカー(PM)がつく。例えば女子なら、力のあるPMが派遣設定記録(2時間22分22秒)を切るペースを30キロまで刻んでくれたら、それについていけばチャンスは広がる。

 実際、16年の大阪国際女子で福士加代子は、派遣設定記録(2時間22分30秒)を上回る、2時間22分17秒で優勝。この時はPMが、30キロまでの5キロラップを16分35~47秒というハイペースをキープ。福士のリオ五輪代表入りを結果として後押しした。

 ちなみに本紙は、大阪国際女子とさいたま国際の大会事務局に「次回のレースはペースメーカーがつかないということはありますか?」と問い合わせたところ、「現在は調整中です。詳細が決まり次第お知らせします」とのことだった。

 MGCは代表選考で公平性や透明性を高めるために導入されたもの。3人目の代表が「ファイナルチャレンジ」から選ばたら、波紋を呼ぶかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る