遼3戦連続V逃す ルール違反に中継打ち切りで大会グダグダ

公開日: 更新日:

【RIZAP KBCオーガスタ】最終日

 2日目から首位キープの比嘉一貴(24)が、大会記録を4打更新する通算26アンダーでツアー初優勝した今大会。注目は石川遼(27)の、3戦連続と2016年大会以来2度目の優勝だった。

 石川が最終18番をバーディーフィニッシュした時は通算17アンダー・9位タイ。優勝には届かなかったが、多くのギャラリーから歓声が沸き起こった。

「内容は悪くなかった。優勝争いに加われなくて悔しい。なんとか(上位に)くらいつこうとしたけど、うまくいかなかった。(今後は)体調を整えながらゴルフをよくしていこうと思います」(石川)

 ホールアウト後のインタビュー映像は、表情が暗く歯切れも悪かった。

 実は、18番グリーン上で同組の木下稜介のパッティングライン上にあるマークを移動。そのマークを元に戻すのを忘れてパットし、アテストで競技委員から指摘されて2罰打(規則14・7a)を言い渡されていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る