【特別寄稿】阿部の天才的な打撃は父東司さんの教えの賜物

公開日: 更新日:

高橋善正(元巨人投手コーチ・元中大監督)

 父・東司さんは千葉・習志野高時代に同級生の元阪神・掛布とクリーンアップを組んで(1972年夏)甲子園に出場。その後、中大でも捕手としてプレーした。そんな父の影響を慎之助は色濃く受けている。

 慎之助が中大に在籍している頃、私はOB会長だった。リーグ戦で初めて見た時、「肩が強くていい捕手だな」と思ったが、打撃の印象は薄かった。大学3年時の2月に招待選手として日本ハムの春季キャンプに参加した慎之助を沖縄で視察。逆方向のレフトへサク越えを放っていて感心した。一緒に見ていた東司さんに「意外に打撃もいいね」と言うと、「今、知りましたか?」とうれしそうに笑っていた。東司さんによると、開きを抑えるため、練習では逆方向を意識して打つことが多いという。「気持ち良く引っ張る打撃なんて練習じゃねえ」と徹底的に教え込んだそうだ。慎之助が子供の頃から父が一番の「コーチ」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る