【特別寄稿】阿部の天才的な打撃は父東司さんの教えの賜物

公開日: 更新日:

高橋善正(元巨人投手コーチ・元中大監督)

 父・東司さんは千葉・習志野高時代に同級生の元阪神・掛布とクリーンアップを組んで(1972年夏)甲子園に出場。その後、中大でも捕手としてプレーした。そんな父の影響を慎之助は色濃く受けている。

 慎之助が中大に在籍している頃、私はOB会長だった。リーグ戦で初めて見た時、「肩が強くていい捕手だな」と思ったが、打撃の印象は薄かった。大学3年時の2月に招待選手として日本ハムの春季キャンプに参加した慎之助を沖縄で視察。逆方向のレフトへサク越えを放っていて感心した。一緒に見ていた東司さんに「意外に打撃もいいね」と言うと、「今、知りましたか?」とうれしそうに笑っていた。東司さんによると、開きを抑えるため、練習では逆方向を意識して打つことが多いという。「気持ち良く引っ張る打撃なんて練習じゃねえ」と徹底的に教え込んだそうだ。慎之助が子供の頃から父が一番の「コーチ」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号