なでしこが南アに快勝 収穫は遠藤純の“ユーティリティー”

公開日: 更新日:

 サッカー日本女子代表(なでしこジャパン=世界ランク10位)が10日に南アフリカ(同55位)と親善試合を行い、DF熊谷の代表110試合目の初ゴールなど2―0で快勝した。

「なでしこが苦手とするのは、フィジカルの強さとスピードを前面に押し出してくるチーム。南アがもっと歯応えのある相手であれば、チーム強化につながった。物足りなかった」と話す元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「収穫はあった。たとえば左SBで先発した最年少19歳の遠藤純。彼女は左MFでもFWでもプレーでき、利き足の左足から繰り出すシュートは威力があり、クロスの精度も高い。スピードがあるのも大きな武器となっている。五輪の登録メンバーは18人。W杯などよりも少ない分、複数のポジションをフレキシブルにこなせる選手が望ましい。遠藤が上々のパフォーマンスを見せたことは、高倉監督にとってもプラスになったことでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る