なでしこが南アに快勝 収穫は遠藤純の“ユーティリティー”

公開日: 更新日:

 サッカー日本女子代表(なでしこジャパン=世界ランク10位)が10日に南アフリカ(同55位)と親善試合を行い、DF熊谷の代表110試合目の初ゴールなど2―0で快勝した。

「なでしこが苦手とするのは、フィジカルの強さとスピードを前面に押し出してくるチーム。南アがもっと歯応えのある相手であれば、チーム強化につながった。物足りなかった」と話す元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「収穫はあった。たとえば左SBで先発した最年少19歳の遠藤純。彼女は左MFでもFWでもプレーでき、利き足の左足から繰り出すシュートは威力があり、クロスの精度も高い。スピードがあるのも大きな武器となっている。五輪の登録メンバーは18人。W杯などよりも少ない分、複数のポジションをフレキシブルにこなせる選手が望ましい。遠藤が上々のパフォーマンスを見せたことは、高倉監督にとってもプラスになったことでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る