“後継者”朝乃山を奇襲で退け…白鵬白星にも笑顔なしの真相

公開日: 更新日:

 白鵬(34)と朝乃山(25)は、ともに右四つを得意とする力士。衰えの見えるベテラン横綱が、成長著しい若手の挑戦をはねのけるのか? それとも新小結が世代交代を印象づけるのか? 固唾をのんで見守ったファンは多かっただろう。

 そして迎えた結びの一番。白鵬が立ち合いで選んだのは、意外にも右張り手だった。掌底さながらの激しい張りを相手の左頬に叩き込むと、同時に右に変化。すかさずもろ差しになり、すくい投げで朝乃山を投げ飛ばした。

 前日の黒星から一転して、強敵を完封。しかし、花道を引き揚げる白鵬の表情は険しいままだった。

 ある親方は「あれしかなかったのだろう」と、こう続ける。

「白鵬が張り差しをするときは、ほとんど左手を使っていた。それがこの日は右でしょう? しかも変化までしている。つまり、最初から朝乃山と組む気はなかったということ。なぜ右に変わったかといえば、朝乃山に右下手を取らせないため。さらに利き腕である右手の張り手は、左のそれより強烈です。いわば白鵬の作戦勝ちと言ってもいいが、裏を返せば『組んだら不利』と認めたようなもの。おそらく、自分でも喜べない勝利だったのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る