27H長丁場制し今季2勝目 鈴木愛は膝と足首への負荷が心配

公開日: 更新日:

宮里藍サントリーレディス】最終日

 鈴木愛(25)の“異変”は最終18番パー4の2打目が象徴的だった。フェアウエーからピンまで残り127ヤードの距離を、9番アイアンでグリーン右ラフに外してボギー。

 同組のイ・ミニョン(27)や松田鈴英(21)が、鈴木とほぼ同じ距離からピンそばにつけて2人とも楽々とバーディーを奪っているだけに大きなミスだった。

 先にホールアウトした比嘉真美子(25)に2打差をつけて18番を迎えており、ボギーでも勝てたが、難易度14番目(3.9365)のホールでボギーとは本人も納得いかなかったはずだ。

「18番の2打目は、やや左足下がりのライとはいえ、ショートアイアンを手にして鈴木がグリーンを外すのは珍しい」(ツアー記者)と、スイングリズムは明らかにおかしかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  9. 9

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  10. 10

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

もっと見る