鈴木愛も渋野日向子も…米ツアー参戦を即決できない理由

公開日: 更新日:

【TOTOジャパンクラシック】最終日

 初日から首位キープの鈴木愛(25)が最終日もスコアを5つ伸ばして通算17アンダーの完全優勝。今季2度目の2週連続Vで6勝目(通算15勝)。賞金ランクでも13位に終わった渋野日向子(20)を抜いて、首位・申ジエに約686万円差の2位に躍り出た。今大会は米女子ツアー共催のため、鈴木は来年の米ツアー出場権も獲得した。

「今まで米女子プロのレベルに達していないと思っていた。今回の優勝で米ツアー参戦を一晩じっくり考えたい」(鈴木)

 渋野もメジャー全英女子オープン優勝により米ツアー出場資格を手にしたが、「覚悟ができていない」と来年も日本を主戦場として戦い、そして2021年からの挑戦を視野に入れている。

「畑岡奈紗のように若いうちに早く行ったほうがいい」という声は多いが即断できないのはなぜか。「東京五輪の出場権がかかっているからでしょう」と評論家の菅野徳雄氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る