「五輪から追放を」WADA委員会がロシアのデータ改ざん認定

公開日: 更新日:

 ロシアは組織的なドーピング問題で、2020年東京五輪・パラリンピックに出場できない可能性が出てきた。世界反ドーピング機関(WADA)は25日、コンプライアンス審査委員会(CRC)がロシアから提出されたデータの改ざんを認定し、今後4年間、五輪やパラリンピックからの追放など重い制裁を科すべきだと提案したことを明らかにした。

 昨年9月、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は資格停止処分を解除されたが、その際の条件は「正しいデータの提供」。CRCは、今回の改ざんはこの条件に違反しており、ロシアが今後4年間、国家として五輪などの主要大会を主催したり、参加したりすることを禁止するべきとしている。WADAは12月9日に常任理事会を開き、CRCの結論をもとにロシアの処遇を協議する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る