「五輪から追放を」WADA委員会がロシアのデータ改ざん認定

公開日: 更新日:

 ロシアは組織的なドーピング問題で、2020年東京五輪・パラリンピックに出場できない可能性が出てきた。世界反ドーピング機関(WADA)は25日、コンプライアンス審査委員会(CRC)がロシアから提出されたデータの改ざんを認定し、今後4年間、五輪やパラリンピックからの追放など重い制裁を科すべきだと提案したことを明らかにした。

 昨年9月、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は資格停止処分を解除されたが、その際の条件は「正しいデータの提供」。CRCは、今回の改ざんはこの条件に違反しており、ロシアが今後4年間、国家として五輪などの主要大会を主催したり、参加したりすることを禁止するべきとしている。WADAは12月9日に常任理事会を開き、CRCの結論をもとにロシアの処遇を協議する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る