山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神ドラ2に最も注目 井上広大に託したい萩原誠のリベンジ

公開日: 更新日:

 もちろん、阪神もそれを承知のうえで2位指名したのだろう。阪神に途絶えて久しい右の長距離砲、地元大阪の野球名門高校出身、それでいて他球団の評価があまり高くない……そういう選手を意気揚々と上位指名するのは、ある意味で阪神の伝統芸ともいえる。

 この手のパターンで思い出すのは、1991年に阪神がドラフト1位で一本釣りした萩原誠(大阪桐蔭高校)だ。一本釣りといっても、かつての西武のように中央球界では無名の隠し玉を探してきたわけではなく、萩原はその年の夏の甲子園を制した優勝チームの4番打者だった。つまり、他球団がその存在をよく調査したうえで指名を回避した選手を阪神は1位指名したということだ。

 結果はご存じのとおり、萩原はミスタータイガース・掛布雅之の背番号31を受け継ぎながら、プロではほとんど活躍できなかった。一説によると三塁守備が拙く、期待された長打力も木製バットのプロでは通用せず、平凡な中距離打者にスケールダウンしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る