2度目暴行で引退の貴ノ富士 都内マンションで「同棲謹慎」

公開日: 更新日:

 2019年の角界を騒がせた事件といえば、貴ノ富士(22)騒動だろう。

 18年3月場所中に付け人の顔面を血だらけになるまで殴り、今年9月場所直前には2度目の暴力事件が発覚。協会に自主引退を迫られながら、同月27日には弁護士同伴で会見。自身の暴力を棚に上げ、「厳罰を下しても協会の体質は何も変わらない」などと主張した。

 その後、貴ノ富士は10月11日に「協会に失望した」と、引退届を提出。最後まで自身を正当化し続けた。

 暴行発覚から引退まで、貴ノ富士は協会から謹慎処分を言い渡されていた。謹慎していたのは都内の自宅マンションだ。ある親方は「おとなしく謹慎していたのかどうか……」と、こう続ける。

「貴ノ富士はそのマンションで女と同棲していたんですよ。別に同棲禁止なんてルールはないし、所属部屋で謹慎しなきゃいけないわけでもない。ただ、度重なる暴力事件の責任を取る気もなく、協会に責任転嫁でしょ。そんなに自分が正しいと思うなら堂々としていればいいものを、弁護士以外の電話を無視し、自分は女と引きこもりですからね。師匠の千賀ノ浦さんが心配になってマンションを訪ねても、音沙汰なしだったそうじゃないですか」

 単なるワガママだった貴ノ富士。訴えに誰も耳を貸さなかったのは必然だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る