2度目暴行で引退の貴ノ富士 都内マンションで「同棲謹慎」

公開日: 更新日:

 2019年の角界を騒がせた事件といえば、貴ノ富士(22)騒動だろう。

 18年3月場所中に付け人の顔面を血だらけになるまで殴り、今年9月場所直前には2度目の暴力事件が発覚。協会に自主引退を迫られながら、同月27日には弁護士同伴で会見。自身の暴力を棚に上げ、「厳罰を下しても協会の体質は何も変わらない」などと主張した。

 その後、貴ノ富士は10月11日に「協会に失望した」と、引退届を提出。最後まで自身を正当化し続けた。

 暴行発覚から引退まで、貴ノ富士は協会から謹慎処分を言い渡されていた。謹慎していたのは都内の自宅マンションだ。ある親方は「おとなしく謹慎していたのかどうか……」と、こう続ける。

「貴ノ富士はそのマンションで女と同棲していたんですよ。別に同棲禁止なんてルールはないし、所属部屋で謹慎しなきゃいけないわけでもない。ただ、度重なる暴力事件の責任を取る気もなく、協会に責任転嫁でしょ。そんなに自分が正しいと思うなら堂々としていればいいものを、弁護士以外の電話を無視し、自分は女と引きこもりですからね。師匠の千賀ノ浦さんが心配になってマンションを訪ねても、音沙汰なしだったそうじゃないですか」

 単なるワガママだった貴ノ富士。訴えに誰も耳を貸さなかったのは必然だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る