観客443人の過去 ラグビーブームの陰で問われる運営の知恵

公開日: 更新日:

 昨年のW杯で湧き起こったラグビーブームが年を越しても続いている。

 11日に国立競技場で行われた大学選手権決勝は、早稲田大学が明治大学を45―35と破って11年ぶりの優勝を果たしたが、詰めかけた観客は5万7345人。元日のサッカー天皇杯決勝とほぼ同数で、新装なった国立での“ラグビーデビュー”を満員で飾った。

 翌12日にはトップリーグが開幕。8試合が6会場で行われ、神戸製鋼対キヤノン戦の2万3000人を筆頭に、観客数を5桁に乗せた試合が5試合。合計で11万6000人超の観客を集めた。熊谷ラグビー場で行われたパナソニック対クボタ戦も観客が1万7000人を超えたが、両者が昨季の開幕戦で顔を合わせたときは4199人。一気に1万3000人も増えた背景には、五輪競技の7人制に専念するため「2試合限定」でトップリーグに出場する福岡堅樹や、「笑わない男」稲垣啓太らW杯代表組への高い関心があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る