敗者への配慮に称賛が 大坂なおみにスポーツマンシップ賞

公開日: 更新日:

 連覇は逃したが、栄誉を手に入れた。

 米国テニス協会は5日(日本時間6日)、「全米オープン・スポーツマンシップ賞」に、女子は大坂なおみ(21)、男子はディエゴ・シュワルツマン(27=アルゼンチン)を選出したと発表。同賞を受賞した2人には、トロフィーと、選手が寄付先を指定できる5000ドル(約53万円)が贈られる。

 大坂は先月31日の女子シングルス3回戦で地元アメリカの新星コリ・ガウフ(15)を下した試合後のインタビューで粋な計らいを見せた。勝者のみが受けるコート上でのインタビューに、ガウフを招いたのである。新鋭の将来性を高く評価し、「まだ若いのに、多くのことを成し遂げていることに気づいてほしい」という配慮からだった。

 インタビュー中に涙を流すガウフを慰める大坂の心配りには世界中から称賛する声が相次いだ。

 今大会は左膝痛もあって4回戦で姿を消した大坂。コートでは精彩を欠いたが、強烈な印象だけは残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る