敗者への配慮に称賛が 大坂なおみにスポーツマンシップ賞

公開日: 更新日:

 連覇は逃したが、栄誉を手に入れた。

 米国テニス協会は5日(日本時間6日)、「全米オープン・スポーツマンシップ賞」に、女子は大坂なおみ(21)、男子はディエゴ・シュワルツマン(27=アルゼンチン)を選出したと発表。同賞を受賞した2人には、トロフィーと、選手が寄付先を指定できる5000ドル(約53万円)が贈られる。

 大坂は先月31日の女子シングルス3回戦で地元アメリカの新星コリ・ガウフ(15)を下した試合後のインタビューで粋な計らいを見せた。勝者のみが受けるコート上でのインタビューに、ガウフを招いたのである。新鋭の将来性を高く評価し、「まだ若いのに、多くのことを成し遂げていることに気づいてほしい」という配慮からだった。

 インタビュー中に涙を流すガウフを慰める大坂の心配りには世界中から称賛する声が相次いだ。

 今大会は左膝痛もあって4回戦で姿を消した大坂。コートでは精彩を欠いたが、強烈な印象だけは残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る