ハーフM日本新の新谷仁美「トラックよりマラソンを」の声

公開日: 更新日:

「できれば選手として出てほしかった」

 そう思っている人は少なくないはずだ。

 19日のアラムコ・ヒューストンハーフマラソンで1時間6分38秒の日本新記録で優勝した新谷仁美(31)。これまでの記録は福士加代子(37)が2006年に出した1時間7分26秒。14年ぶりに48秒も更新した。

 新谷は12日に行われた全国都道府県対抗女子駅伝の東京アンカーでチームの3位に貢献。26日には、東京五輪代表の選考も兼ねる大阪国際女子マラソンのペースメーカーも務めるというハード日程だ。

 ちなみにこのレースには、リオ五輪女子マラソン代表だった福士も出場する。

 新谷はすでに1万メートルの東京五輪参加標準記録を突破しており、五輪代表の有力候補だが、陸上界には「あのスピードがあればマラソンの方がメダルの可能性が高い」という声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る