ハーフM日本新の新谷仁美「トラックよりマラソンを」の声

公開日: 更新日:

「できれば選手として出てほしかった」

 そう思っている人は少なくないはずだ。

 19日のアラムコ・ヒューストンハーフマラソンで1時間6分38秒の日本新記録で優勝した新谷仁美(31)。これまでの記録は福士加代子(37)が2006年に出した1時間7分26秒。14年ぶりに48秒も更新した。

 新谷は12日に行われた全国都道府県対抗女子駅伝の東京アンカーでチームの3位に貢献。26日には、東京五輪代表の選考も兼ねる大阪国際女子マラソンのペースメーカーも務めるというハード日程だ。

 ちなみにこのレースには、リオ五輪女子マラソン代表だった福士も出場する。

 新谷はすでに1万メートルの東京五輪参加標準記録を突破しており、五輪代表の有力候補だが、陸上界には「あのスピードがあればマラソンの方がメダルの可能性が高い」という声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る