遊牧民出身の霧馬山 強みはアントニオ猪木ばりの二重関節

公開日: 更新日:

23歳・陸奥部屋・前頭17枚目

 どの親方も「あれは化けるぞ」と口を揃える。

 モンゴルでも首都ウランバートルではなく、北はロシア、東は中国内モンゴル自治区に隣接するドルノド県出身。逸ノ城と同じく、遊牧民として生まれ育ち、幼少期から一家の資産である羊、そして馬に親しんだ。

 もともと大相撲に興味があったわけではなく、知人の紹介でテストを受けたところ、合格。家族に楽をさせるために陸奥部屋の門を叩いた。2015年5月場所で前土俵を踏み、今場所が新入幕だ。

 遊牧生活時代は30キロのおけを水場まで抱えるなど、自然と足腰が鍛えられた。モンゴル相撲の経験はないが、角界では「相撲を取るために生まれてきたような力士」と評価が高い。ある親方は「プロレスの話になるが」と、こう続ける。

「昔、アントニオ猪木さんが『オレは二重関節だから、関節技をかけられても決まらないんだ』と話していたでしょう。あれは関節の可動域が広いという意味らしい。霧馬山の関節も猪木さんばりに柔らかい。これまで何度か『あ、ヒザやっちゃった!』という倒れ方をしたが、そのたびにケロッと立ち上がった。投げ技のタイミング、まわしの引きつけ方もセンスがあり、陸奥親方(元大関霧島)は『教えなくても自然にできる』と、舌を巻いていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る