遊牧民出身の霧馬山 強みはアントニオ猪木ばりの二重関節

公開日: 更新日:

23歳・陸奥部屋・前頭17枚目

 どの親方も「あれは化けるぞ」と口を揃える。

 モンゴルでも首都ウランバートルではなく、北はロシア、東は中国内モンゴル自治区に隣接するドルノド県出身。逸ノ城と同じく、遊牧民として生まれ育ち、幼少期から一家の資産である羊、そして馬に親しんだ。

 もともと大相撲に興味があったわけではなく、知人の紹介でテストを受けたところ、合格。家族に楽をさせるために陸奥部屋の門を叩いた。2015年5月場所で前土俵を踏み、今場所が新入幕だ。

 遊牧生活時代は30キロのおけを水場まで抱えるなど、自然と足腰が鍛えられた。モンゴル相撲の経験はないが、角界では「相撲を取るために生まれてきたような力士」と評価が高い。ある親方は「プロレスの話になるが」と、こう続ける。

「昔、アントニオ猪木さんが『オレは二重関節だから、関節技をかけられても決まらないんだ』と話していたでしょう。あれは関節の可動域が広いという意味らしい。霧馬山の関節も猪木さんばりに柔らかい。これまで何度か『あ、ヒザやっちゃった!』という倒れ方をしたが、そのたびにケロッと立ち上がった。投げ技のタイミング、まわしの引きつけ方もセンスがあり、陸奥親方(元大関霧島)は『教えなくても自然にできる』と、舌を巻いていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る