レッズ秋山に追い風 さらに補強で強打2番カステヤノス加入

公開日: 更新日:

 秋山翔吾(31)のレッズが、さらなる補強に動いた。

 カブスからFAになっていたニコラス・カステヤノス外野手(27)と、27日(日本時間28日)までに合意したことが明らかになった。

 同外野手は昨季、タイガース、カブスと渡り歩き、151試合で打率・289、自己最多の27本塁打、73打点。58二塁打はシーズン歴代10位、右打者では1937年以降最多を記録した。強打が売りのカステヤノスの加入は、1番を打つ予定の秋山にとって追い風となりそうだ。

 昨季のカステヤノスは主に2番で出場。カブスに移籍した7月以降は打線の核として牽引し続けた。

 レッズは昨季、リーグ12位の701点に終わった得点力不足を解消するため出塁率が高く機動力のある秋山を獲得した。日本人ルーキーは、カステヤノスとの1、2番コンビでチームの期待に応えられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る