レッズ秋山に追い風 さらに補強で強打2番カステヤノス加入

公開日: 更新日:

 秋山翔吾(31)のレッズが、さらなる補強に動いた。

 カブスからFAになっていたニコラス・カステヤノス外野手(27)と、27日(日本時間28日)までに合意したことが明らかになった。

 同外野手は昨季、タイガース、カブスと渡り歩き、151試合で打率・289、自己最多の27本塁打、73打点。58二塁打はシーズン歴代10位、右打者では1937年以降最多を記録した。強打が売りのカステヤノスの加入は、1番を打つ予定の秋山にとって追い風となりそうだ。

 昨季のカステヤノスは主に2番で出場。カブスに移籍した7月以降は打線の核として牽引し続けた。

 レッズは昨季、リーグ12位の701点に終わった得点力不足を解消するため出塁率が高く機動力のある秋山を獲得した。日本人ルーキーは、カステヤノスとの1、2番コンビでチームの期待に応えられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る