巨人坂本は満身創痍…2000安打や五輪金が先かパンクが先か

公開日: 更新日:

 巨人は25日、春のキャンプを打ち上げた。

 背中右側の違和感でキャンプ終盤のオープン戦を欠場した主将の坂本勇人(31)は「僕は少し良くないですが、チームは順調に来ています。今年は昨年の優勝の喜びと日本シリーズでの悔しさを胸に1年間頑張っていきます」とあいさつした。

 坂本は独自の調整が許されるファームの「S班」でスタートした。

 しかし、宮崎1次キャンプ中にインフルエンザA型を発症して離脱。自主トレ中の1月にもインフルエンザB型に感染しており、2カ月連続の不運に見舞われた。その後、復帰して沖縄・那覇2次キャンプに帯同したものの、23日に右背中の違和感を訴え、別メニュー調整が続いていた。

「正直、良くない。野球人生の中で一番調整できていないと思うけど、開幕は待ってくれない。何とかいい状態で迎えられるようにという一心」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る