スペインのクラシコ レアル19歳エースの活躍でバルサ撃破

公開日: 更新日:

 118年前に始まった<244回目>のクラシコ。欧州を代表する名門クラブのレアル・マドリードとバルセロナとの直接対決は、日本時間2日午前5時にキックオフされた。通算成績はバルサの96勝52分け95敗。試合を通してバルサを圧倒して勝利を手繰り寄せ、通算成績をイーブンとした。

■立役者は19歳のニュー・ネイマール

 立役者はブラジル代表FWのヴィニシウスだ。19歳233日の若さでクラシコのピッチに立ったヴィニシウスは後半26分、僚友MFクロースのパスに好反応してゴール左の至近距離から右足シュート。ボールはスライディングしてきたバルサDFピケの足に当たり、少しだけ弾道を変えながらニアサイドをブチ抜いて先制点が決まった。

 16歳でブラジルの強豪フラメンゴとプロ契約を交わし、17歳になる前にレアルが移籍合意に達したと発表。移籍金55億円は、ブラジル国内ではネイマールに次いで歴代2位。<ニュー・ネイマール>の異名がだてじゃないことを大舞台クラシコで証明してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る