内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

広島・嶋の戦力外を覆し「1年ください」と球団にお願いを

公開日: 更新日:

 一度は戦力外が決まっていたところから、這い上がった男がいる。現在は西武の二軍打撃コーチを務める嶋重宣である。

 1994年のドラフト2位で投手として広島に入団。99年から野手に転向し、2002年にウエスタン・リーグの最高出塁率のタイトルを取ったものの、03年までの5年間、レギュラーに定着できなかった。致命的だったのは、内角を苦手にしていたこと。腰痛も抱えており、すぐに離脱する選手というレッテルを貼られ、他のコーチ陣から「もう厳しい」と、みられていた。

 私は02年まで巨人の打撃コーチだったため、それまで嶋との接点はなかった。初めて指導したのは、広島の一軍打撃コーチに復帰した03年の秋季練習だった。嶋はその年、一軍で2打席に立っただけで9年目を終えていて、球団は戦力外を通告しようとしていた。とはいえ、打撃練習を見ていると、ボールに対していいコンタクトをしている。秋季練習で27歳の嶋と成長が期待される若手を比べた時、まだ力の差があった。嶋はまだやれると感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る