バド桃田が事故後初会見 “練習の虫”はスロー調整が試練に

公開日: 更新日:

 1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭い、右眼窩底骨折などの重傷を負ったバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(25)が6日に会見。約2カ月ぶりに公の場に姿を見せた桃田は「今回の経験をして、金メダルを狙っていきたいと思った」と、東京五輪への強い意気込みを口にした。

 2月に手術した右目は完治。すでに所属するNTT東日本で練習を再開しており「ハイペースでできないが、充実感はある」と笑顔を見せた。

 今後もチームで練習を続け、団体の国別対抗戦トマス杯(5月16日開幕=デンマーク)での実戦復帰を目指す。男子シングルス世界ランキング1位で東京五輪の金メダル候補は「コートに立つと動きたくなってしまうので、セーブするのが課題」と、スロー調整を図るとしたが、元来は練習の虫だ。2017年5月に違法賭博による資格停止処分から復帰してからは、それまで一切、やったことのなかったウエートや走り込みなどに精力的に取り組み、筋力、持久力アップに努めた。海外遠征から帰国後、休日を与えられても「やることがないから」と、練習場に姿を見せて体を動かすのは珍しくないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る