バド桃田が事故後初会見 “練習の虫”はスロー調整が試練に

公開日: 更新日:

 1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭い、右眼窩底骨折などの重傷を負ったバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(25)が6日に会見。約2カ月ぶりに公の場に姿を見せた桃田は「今回の経験をして、金メダルを狙っていきたいと思った」と、東京五輪への強い意気込みを口にした。

 2月に手術した右目は完治。すでに所属するNTT東日本で練習を再開しており「ハイペースでできないが、充実感はある」と笑顔を見せた。

 今後もチームで練習を続け、団体の国別対抗戦トマス杯(5月16日開幕=デンマーク)での実戦復帰を目指す。男子シングルス世界ランキング1位で東京五輪の金メダル候補は「コートに立つと動きたくなってしまうので、セーブするのが課題」と、スロー調整を図るとしたが、元来は練習の虫だ。2017年5月に違法賭博による資格停止処分から復帰してからは、それまで一切、やったことのなかったウエートや走り込みなどに精力的に取り組み、筋力、持久力アップに努めた。海外遠征から帰国後、休日を与えられても「やることがないから」と、練習場に姿を見せて体を動かすのは珍しくないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る