バド桃田賢斗に追い風 世界1位キープして五輪出場の可能性

公開日: 更新日:

 金メダル取りに望みが出てきた。

 遠征先のマレーシアで交通事故に遭ったバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25)。帰国後に受けた精密検査で眼窩底骨折が判明し、緊急手術を行い、現在は5月の実戦復帰を目指してリハビリに励んでいる。

 すでに桃田は4月30日時点の世界ランキングで16位以内かつ、日本人2位以内が確定。五輪出場が内定しているものの、問題は7月7日付の世界ランキングに基づく五輪のシード権だ。世界1位をキープして第1シードなら、本番の予選リーグでは世界ランキング下位と同組になるため、余裕をもって決勝トーナメントに備えられる。

 桃田は今回のアクシデントの影響で全英オープン(3月=バーミンガム)、ワールドツアーなどのポイントが高い大会に出場できず、海外のライバルの動向によっては、世界1位の座から陥落しかねない。ただでさえ万全のコンディションで臨めないうえに、シード権を逃せば苦戦は必至だが、桃田には追い風が吹いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る