バド桃田賢斗に追い風 世界1位キープして五輪出場の可能性

公開日: 更新日:

 金メダル取りに望みが出てきた。

 遠征先のマレーシアで交通事故に遭ったバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25)。帰国後に受けた精密検査で眼窩底骨折が判明し、緊急手術を行い、現在は5月の実戦復帰を目指してリハビリに励んでいる。

 すでに桃田は4月30日時点の世界ランキングで16位以内かつ、日本人2位以内が確定。五輪出場が内定しているものの、問題は7月7日付の世界ランキングに基づく五輪のシード権だ。世界1位をキープして第1シードなら、本番の予選リーグでは世界ランキング下位と同組になるため、余裕をもって決勝トーナメントに備えられる。

 桃田は今回のアクシデントの影響で全英オープン(3月=バーミンガム)、ワールドツアーなどのポイントが高い大会に出場できず、海外のライバルの動向によっては、世界1位の座から陥落しかねない。ただでさえ万全のコンディションで臨めないうえに、シード権を逃せば苦戦は必至だが、桃田には追い風が吹いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る