不振なでしこの光明はFW田中美南 初代監督が語る得点感覚

公開日: 更新日:

 米国遠征中の女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)が、日本時間9日午前3時23分キックオフのイングランド戦を0―1で落とし、初戦のスペイン戦(1―3)に続いて2連敗となった。

「スペイン戦よりも守備が整備され、前線からのプレッシングもかかっていた。攻撃もイングランドのプレスがスペインよりも緩く、ある程度はボールを回してシュートも打てた。しかし、最終ラインからのビルドアップの最中にミスが多く、なでしこらしいパスワークが見られず、なかなか効果的な攻撃にはつながらなかった。東京五輪でスペイン、イングランド戦のパフォーマンスしか発揮できなかった場合、メダル獲得は非常に厳しいと言うしかないでしょう」(初代なでしこ専任監督の鈴木良平氏)

 それでも<ひと筋の光明>は見いだせた。

 史上初の4年連続得点王と2年連続MVPの金看板を背負って1月、日テレからINAC神戸に電撃移籍したFW田中美南(25)である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る