不振なでしこの光明はFW田中美南 初代監督が語る得点感覚

公開日: 更新日:

 米国遠征中の女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)が、日本時間9日午前3時23分キックオフのイングランド戦を0―1で落とし、初戦のスペイン戦(1―3)に続いて2連敗となった。

「スペイン戦よりも守備が整備され、前線からのプレッシングもかかっていた。攻撃もイングランドのプレスがスペインよりも緩く、ある程度はボールを回してシュートも打てた。しかし、最終ラインからのビルドアップの最中にミスが多く、なでしこらしいパスワークが見られず、なかなか効果的な攻撃にはつながらなかった。東京五輪でスペイン、イングランド戦のパフォーマンスしか発揮できなかった場合、メダル獲得は非常に厳しいと言うしかないでしょう」(初代なでしこ専任監督の鈴木良平氏)

 それでも<ひと筋の光明>は見いだせた。

 史上初の4年連続得点王と2年連続MVPの金看板を背負って1月、日テレからINAC神戸に電撃移籍したFW田中美南(25)である。

「高倉監督体制になってから代表招集が激減した田中だが、代表級FWの中で<相手DFの裏を抜け目なく突いてゴールを陥れる>能力が際立って高い。イングランド戦に先発した田中は、味方CBからのロングボールに好反応。相手CB2人に挟まれながらゴール前まで攻め入ったり、守備的MFからの縦パスを受けて相手CBと競り合いながらシュートに持ち込んだり、十分に持ち味を発揮した。彼女の鋭い得点感覚は、なでしこに必要不可欠なものです」(前出の鈴木氏)

 田中は1月、神戸移籍の発表会見で「東京五輪で活躍するために決断した」と言い切った。

 なでしこの大黒柱MF岩渕真奈(26)と神戸内でコンビネーションを高め、そのまま<なでしこでも2人が攻撃の核となる>ことを田中はもくろんでいる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず