女子プロ4戦目中止 “目玉新人”安田祐香のスポンサー大誤算

公開日: 更新日:

「なぜ、今年なのか」

 そう思っているに違いない。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当初は国内女子ツアーの第4戦として予定されていた「アクサレディス」の中止が決まった。これで開幕戦から4戦連続で開催が見送られたが、誤算は選手だけではない。人気選手と契約しているスポンサーも同じだ。

 昨年の全英女子オープンで人気に火がついた渋野日向子(21)は、契約スポンサーが急増。今季からサントリー所属となり、2月に興和とコムテックとも契約した。

 昨年プロテストに合格した「プラチナ世代」の実力ナンバーワン安田祐香(19)も負けてはいない。アマ時代からプロツアーの常連で何度もローアマを獲得。昨季はメジャーのエビアン(37位)や、渋野が勝った全英女子(59位)にも出場。実力と人気を兼ね備えた新人プロをスポンサーが放っておくわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る