専務理事コロナ感染で12人目…全柔連クラスター不吉な予兆

公開日: 更新日:

 これで12人目だ。

 全日本柔道連盟(全柔連)は12日、中里壮也専務理事が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 全柔連によれば、5日に発熱の症状が表れ、8日にPCR検査を受けていたが、この日になって陽性反応であることが確認されたという。

 中里専務理事は全柔連を通じ、「今回の連盟における集団感染につきまして、大変ご迷惑をおかけしております。先程、居住地近くの保健所より小職自身が陽性である旨の連絡を頂きました。当面は治療に専念し、回復に努めて参りたいと存じます」とコメントした。

 10日の発表では38人の職員のうち、24人に発熱などの症状が出ており、18人がPCR検査を受け、5人の陽性、1人の陰性が確認された。11日には3人の陽性が判明。そしてこの日は中里専務理事を含めて4人。まだ6人が検査結果を待っているという。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、東京五輪は1年延期になった。10日には毎年7月に開催される金鷲旗高校大会、剣道の玉竜旗高校大会の中止も決まった。戦中戦後の中断期間以来、中止となるのは初めてだ。今の感染状況では仕方ないだろうが、日本発祥の武術で、しかも東京五輪でメダル量産が期待されている柔道の統括団体がクラスター(感染者集団)になっているのは、なんとも不吉な予兆である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う