独ブンデスリーガ再開がJリーグには参考にならない理由

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス禍で中断していた欧州サッカー。その中でドイツのブンデスリーガが10週間ぶりに再開され、1部6試合が現地16日に実施された。1部の残り3試合のうち2試合が17日に行われ、首位バイエルン・ミュンヘンは、12位ウニオン・ベルリンと対戦して2―0で勝利。得点ランク1位FWレバンドフスキが先制ゴールを決めて通算26得点とした。

「開催試合は大きなトラブルはなかった。ドイツ流の<実施に向けて厳格にルールを策定してきっちりと遂行する>ことの重要性も世界中に広く知れ渡り、再開時期をうかがっているスペイン、イタリア、イングランド、ポルトガルなどにとっては<最高のお手本>となった」(元ブンデスリーガ1部ヘッドコーチの評論家・鈴木良平氏)

 中断中のJリーグにとっても、今回のドイツの<成功例>は大きなプラス材料になるだろう。しかしながら“日本ならではの事情”が足を引っ張るともっぱらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    輪郭が二重に見えるタトゥー メキシコの女性彫り師が話題

もっと見る