阪神は“金本秘蔵っ子”軽視 助っ人頼みで最下位の体たらく

公開日: 更新日:

「クビにされた前監督は、おもろうないやろ」

 古参OBの感想はもっともだろう。

 7日、今季初の甲子園ゲームが雨天中止になった最下位阪神。不振のボーアに当たりが出てくるなど明るい材料もあるが、前監督は今のチームをどう見ているだろうか。

 金本前監督は就任時、「勝ちながら育てる」と意気込み、大型補強に頼らない若手育成を目指した。しかし、「金本チルドレン」と呼ばれた陽川、大山、北條は期待されたほどは伸びず、2017年に20本塁打の中谷は、一、二軍を行ったり来たりだ。

■真逆の方針

 前出のOBが言う。

「18年に最下位の責任を取る形で辞任した金本監督は、フロントにクビにされたのが真実。ロサリオの不振は確かに誤算ではあったが、フロントが育成方針を変えて野手の大型補強をしていれば結果は違っていたかもしれない。今のチームは6月27日から、マルテ、ボーア、サンズの助っ人3人を4、5、6番に置き、昨季143試合に出場した4番大山は開幕から控えに回っている。大山といえば、金本監督が16年のドラフトで単独指名した秘蔵っ子です。その大山をスタメンで使わず、助っ人を3人も並べている。自分の頃とは真逆のことをやって、しかも最下位にいるわけですから、おもしろいはずがない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”